日本ライフラインらしい
魅力ある営業で、
業界を牽引していきたい

TVI営業部
関東営業支部

2009年入社 森本 剛弘

競合も含めた多様な製品知識を深め、
ドクターに多様な提案をする。

私は、心筋梗塞や狭心症など血管の治療(インターベンション)に用いられるカテーテルなどの医療機器を専門に扱っています。担当の病院を頻繁に訪問し、ドクターへの情報提供やディーラーとの商談のほか、東日本エリアのセールス責任者として部署内の情報共有やマネジメント、後輩の指導にもあたっています。インターベンションの分野は、ガイドワイヤー、バルーンカテーテル、ステントなど、取り扱い製品が多く、競合他社との競争も激しい分野です。製品自体の魅力を伝えていくだけでなく、当社製品以外の他社製品の知識も深めながら、ドクターそれぞれの手技の仕方に応じた多様な提案をしていくことが求めれる仕事です。

プロ意識を持ち、積極的にチャレンジする。
それが日本ライフラインらしさ。

前職は医療機器販売のディーラーに勤めており、様々なメーカーの営業の方と接する機会があったのですが、日本ライフラインの営業は頭一つ抜きん出た存在としてひと際輝いていました。ドクターからの信頼も厚く、公私ともに充実した様子に憧れを抱いて入社を希望しました。入社後は「失敗しても良いからやってみなさい」というスタンスで、新人でも提案や企画に積極的にトライさせてくれる社風に驚かされました。それがプロ意識を持って積極的にチャレンジしていく、当社ならではの攻めの姿勢につながっているのではないでしょうか。昔から日本ライフラインの営業をよく知るドクターからの「森本さんにはライフラインらしい雰囲気があるね」という言葉は、私に対する最大の賛辞だと受け止めています。

チーム医療の一員として、
患者様のために全力を尽くす。

仕事において求められるスキルは、最終的には「人間力」ではないかと思います。年齢や生い立ちも様々なドクターと深くコミュニケーションをとるには、個々が持っている魅力を独自に磨いていかなくてはなりません。その根幹となるのは、患者様に対する想いです。現在、インターベンションの分野で立ち会いをすることはほぼありませんが、ドクターがカテーテル室に入られる前までは我々も同行することがあります。チーム医療に携わる一員として同じ目標を持ち、ドクターの考えるストラテジーに沿った提案をすること。その先にいる患者様のために全力を尽くして臨むこと。そうした積み重ねにより、ドクターをはじめ臨床工学技士や看護師の方々にもチームの一員として受け入れられ、深い信頼関係が築いていけるのだと思います。
INDEX